APNとは?

「APN」とは、スマートフォンなど携帯電話の回線を使ってデータ通信を行う機器において、インターネットのようなネットワークへ接続する際、必要となる設定です。

APNという名前は英語でアクセスポイント名を意味する「Access Point Name」の略です。その名の通り、この設定によって、携帯電話回線から他のネットワークへの接続窓口となるゲートウェイを指定します。

一般的に、NTTドコモやauなど大手携帯電話会社のスマートフォンには、あらかじめこのAPNが設定されています。そのため自動的に、その事業者のネットワークを経由してインターネットに接続できます。つまり、ユーザー側は、特に設定することなく利用できる、ということが普通なのです。

一方、BIGLOBEモバイルから販売されているSIMカードを使う場合、ユーザー自身の手でAPNを設定する必要があります。ただ機種によってはスマートフォンと通信事業者の組み合わせによってはSIMを入れ替えた時点で自動的にAPNを設定してくれるケースもあります。

APN設定とは?

APN設定はその名の通り、ネット接続に必要なAPN情報を利用する端末に設定することです。

APN情報の例(UQモバイル)

ネットワーク名 uqmobile.jp
APN uqmobile.jp
ユーザー名 uq@uqmobile.jp
パスワード uq
認証タイプ CHAP
プロキシ (空欄)
ポート (空欄)

上記のようなAPN情報が通信事業者から送られてくるので、指定された箇所に情報を打ち込みます。APN情報さえ入力できればネットに繋がります。iPhoneの場合は、APN情報の入力が不要で、指定のファイルをインストールするだけでAPN設定ができます。

※APN設定の詳しいやり方については次章で解説します

BIGLOBEモバイルでは自分でAPN設定を行う必要がある

BIGLOBEモバイルを利用する場合は、自分でBIGLOBEモバイルのSIMカードを挿入してAPN設定を行う必要があります。

キャリアでスマートフォンを契約した方の多くは、APNの設定を意識したことがないでしょう。

各キャリアブランドのスマートフォンは自社のスマートフォン向けデータ通信サービスを利用することが前提のため、出荷時点で本体にAPNが設定済みになっているのです。

ですから、利用者が特に意識してAPNを設定することはなく、すぐにデータ通信を利用することができます。

BIGLOBEモバイルの様なMVNOが提供するSIMカードを使う場合は、キャリアのSIMカードをキャリアブランドのスマートフォンで使う場合と違って、原則として利用者が自分でAPNを設定しなければなりません。

これは、キャリアブランドのスマートフォンと異なり、SIMロックフリーのスマートフォンがそのMVNO専用に作られていないため、どのAPNが使われるか、出荷時点では想定できないためです。

ただ、最近日本国内で出荷されているAndroidスマートフォンについては、自分で設定を行わなくても、最初の起動時にSIMカードを取り付けておけば、APNが自動的に選択されることがあります。

これは、SIMロックフリースマートフォンメーカーが日本国内のMVNOのAPNリストを作り、スマートフォン本体内に登録して出荷しているためです。

AndroidにはAPNの自動選択機能があり、APN未設定の状態でSIMカードを取り付けて起動すると、リストの中から適合するAPNを自動的に選んでくれます。各メーカーとも多数のMVNOのAPNをリストに登録していますが、契約したMVNOがそのリストに載っていない場合は、手作業でAPNを設定する必要があります。

BIGLOBEモバイルでAPN設定してもネット接続できない場合の対処法は?

APN設定後にお待ちいただいてもモバイル通信がつながらない場合は、ご利用端末の再起動(電源ON/OFF)を行ってください。
再起動でも改善されない場合は電源OFFにしたうえでSIMカードを抜いて、再度取付をしてください。

何度か繰り返しているうちにネット接続できることもあります。

BIGLOBEモバイルAndroid端末とiPhone端末のAPN設定に必要なもの

  • 端末
  • BIGLOBEモバイルSIM(SIMカード)
  • SIMピン(先が細いもの) → SIMトレイを開けるために必要
  • Wi-Fi環境 → iPhoneの「プロファイル」のダウンロードに必要

APN設定の前にピンを使ってSIMカードのトレイを引き出し、そこにSIMカードをセットします。この時、SIMカードの向きやオモテ・ウラに注意しましょう。

BIGLOBEモバイルでiphone端末を利用する場合はAPN構成プロファイルが必須

APN構成プロファイルのAPNは「Access Point Name」の略で、モバイル回線への入口となる基地局の情報を意味します。APN構成プロファイルはそのデータであり、転じて「モバイル回線へ接続するためのアクセスポイントを定義したファイル」となります。

その用途ゆえに、APN構成プロファイルは通信回線事業者が配布を行います。販売店/代理店を含む携帯電話会社経由で販売されるiPhoneには、その携帯電話会社の回線に適したAPN構成プロファイルがあらかじめインストールされておりユーザが事前準備する必要はありません。

システムアップデートなどのタイミングにあわせて「キャリアアップデート」と呼ばれる処理が行われ、APN構成プロファイルはつねに最新の状態に保たれます。

一方、BIGLOBEモバイルなどの格安SIM回線を利用する場合、iPhone購入後にSIMを手配することになるため、ユーザー自身がAPN構成プロファイルを手配しなければなりません。

BIGLOBEモバイルのAPN構成プロファイルの配布方法は、WEBサイトでの配布となっておりダウンロードするだけで入手できます。

BIGLOBEモバイルAndroid端末のAPN設定方法

  • ホーム画面から[設定]をタップし、[無線とネットワーク]をタップします。
  • [モバイルネットワーク]をタップします。
  • [アクセスポイント名]をタップします。
  • APN(アクセスポイント)一覧上で、「BIGLOBEモバイル タイプD」または「BIGLOBEモバイル タイプA」が表示されている場合は、ご利用のタイプのアクセスポイント名(タイプDまたはタイプA)が選択されていて、右横にチェックマークが入っていることを確認してください。 選択されていない場合は、チェックを入れて有効にしてください。

APN(アクセスポイント)が一覧上に表示されていない場合は、[+]をタップして新規登録を行ってください。「アクセスポイントの編集」で下記の情報を入力してください。

※お使いの端末により、項目名は異なります。

APN(接続先)biglobe.jp
ID(ユーザー名)user
パスワード0000
認証方式 CHAPまたはPAP
PDP TypeIP(PPPは対応しておりません)

※タイプAをご利用の場合で、端末の接続設定にAPNタイプの項目が表示された場合は追加で下記の情報を入力してください。

APNタイプdefault,supl,dun
※文字列の区切りは「,(コンマ)」を入力してください。

一部端末では、ID(ユーザー名)をuser@biglobe.jpに設定する必要があります。エラーが発生した場合はお試しください。

BIGLOBEモバイルiphone端末のAPN設定方法

以下の端末をタイプAで利用する場合、本ページ記載の設定は不要です。

  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhoneをWi-Fiでインターネットに接続する。
  • ホーム画面「設定」→「一般」→「プロファイル」をタップし、インストールされているAPN設定プロファイル(「biglobe LTE・3G」「BIGLOBEモバイル」など)を削除する。
  • ※ メール設定などのプロファイルを削除しないようご注意ください。
    ※ プロファイルをインストールしていない場合、上記メニューに「プロファイル」は表示されません。

  • iPhoneでブラウザ(Safari)を起動する。
    設定したいiPhone端末で、以下のリンクからAPN設定プロファイルをiPhone上にダウンロードする。
  • 「BIGLOBE APN 設定プロファイル」ダウンロード 

  • ダウンロードが完了すると「プロファイル」画面が開くので[インストール]ボタンをタップする。
  • ※APN設定プロファイルのダウンロード時に『このWebサイトは“設定”を開いて構成プロファイルを表示しようとしています。許可しますか』と表示された場合「許可」を選択してください。

  • 「承諾」画面が表示されたら[次へ]をタップする。
  • 「警告」画面が表示されたら[インストール]ボタンをタップする。
  • ボタンが表示されたら、再度[インストール]をタップする。
  • インストールが完了すると以下の画面が表示されるので、[完了]をタップする。

BIGLOBEモバイルiphone端末の【プロファイル削除手順】

ホーム画面「設定」→「一般」→「プロファイル」→該当のAPN設定プロファイル(「biglobe LTE・3G」「BIGLOBEモバイル」など)をタップ→「プロファイルの削除」をタップ

※APN設定プロファイルを削除すると、LTE・3Gでインターネットに接続できなくなります。
プロファイルを削除する前に、Wi-Fiでインターネットに接続してください。

BIGLOBEモバイルでiphone端末を利用する場合に必要なAPN構成プロファイルとは

BIGLOBEモバイルで利用するiphone端末に必要な 「APN構成プロファイル」とは、iPhoneやiPadといったiOS機器で、携帯電話回線によるモバイルデータ通信を行うための設定ファイルです。

iOSには、XML形式のファイルを読み込んで、機能制限やWi-Fi、VPN、電子メール関連などを設定できる「構成プロファイル」という仕組みが用意されています。

構成プロファイル用のファイルの中でも、モバイルデータ通信で、接続窓口である「APN」を設定するためのプロファイルを「APN構成プロファイル」と呼んでいます。

日本国内で携帯電話事業者から販売されているiPhoneでは、APN情報を設定画面から操作できないようになっています。APNに関する情報を変更するには、APN構成プロファイルを読み込ませるという方法が主要な手段になります。

APN構成プロファイル設定がキャリアでは不要でBIGLOBEモバイルではなぜ必要?

ドコモやau、ソフトバンクが販売するiPhoneを、各社の回線のままで利用する場合、APN構成プロファイルを扱うことはありません。

iPhoneユーザーがAPN構成プロファイルを必要とするのは、ドコモやau、ソフトバンク以外の回線であるBIGLOBEモバイルなどで利用する場合です。

BIGLOBEモバイルなどのMVNO事業者のサポートサイトなどではAPN構成プロファイルが配布されておりインストールする必要があります。

MVNOのAPN情報は初期状態のiPhoneには入っておりません。その為、構成プロファイルを使って設定を行う必要があるわけです。

BIGLOBEモバイルでAPN構成プロファイルをインストールするためには、使用するiPhoneで配布サイトにアクセスする必要があるため、Wi-Fiのようなインターネット接続の手段も必要です。

APN構成プロファイルで導入した設定をリセットするには、iPhoneの場合、「設定」→「モバイルデータ通信」→「モバイルデータ通信ネットワーク」の「設定をリセット」を選択することで可能です。また、iPadの場合は、構成プロファイルを一度削除してから追加し直す形になります。

BIGLOBEモバイルでiphone端末のAPN設定はなぜ手動ではない?

iPhone・iPadでBIGLOBEモバイルの様なMVNOのSIMカードを使うときは、手動でAPNを入力するのではなく、「APN構成プロファイル」をインストールする必要があります。これはiOSの「キャリア設定」に理由があります。

iPhone・iPadのOSであるiOSの中には、全世界のキャリアの情報を登録した「キャリア設定」という情報があり、取り付けたSIMカードによって自動的にこの設定が適用されます。

日本のMVNOは独自にSIMカードを発行することができませんので、キャリア(ドコモやKDDI)が発行したSIMカードを利用しています。そうすると、自動的にドコモ、 auのキャリア設定が有効になってしまいます。

そして、ドコモ、KDDIのキャリア設定には、それぞれ自社の契約者が利用するAPNが書き込まれており、さらにそれを手動で変更できないような制限がかかっています。

このAPNはドコモとKDDIの契約者しか利用できませんので、BIGLOBEモバイルの様なMVNOの契約者はこのままではデータ通信が利用できません。

そこで「APN構成プロファイル」を使ってこの設定を上書きすることで、MVNOのデータ通信サービスに接続できるようにAPNを書き換える必要があるのです。