BIGLOBEモバイルau 4G LTEとは

BIGLOBEモバイルタイプAの通信エリアはauの4G LTEと同じです。

BIGLOBEモバイルのタイプAで利用できるau 4G LTEとは、高速データ通信サービスのことです。

LTE(Long Term Evolution)は第3世代携帯電話のデータ通信を発展させた技術であり、次世代の通信規格に続くものであるため、3.9Gとも呼ばれていたが、ITU(国際電気通信連合)がLTEなどの通信規格を4Gと呼称することを認めたため、KDDIをはじめとした各国の通信事業者はLTEを採用した通信サービスに4Gの呼称を用いています。

au 4G LTEの通信速度は当初受信時最大75Mbpsで提供されたが、2013年には利用する周波数帯域を拡大し、受信時最大150Mbpsに高速化しました。その後、キャリアアグリゲーションにより、さらなる高速化を実現しました。

au 4G LTEを利用した音声通話システム「au VoLTE」が2014年12月からサービスが開始され、従来よりも高音質で通話できるようになっています。

BIGLOBEモバイルau 4G LTEの名前とは

au 4G LTEとは「3G」よりも高速通信ができる「4G」と呼ばれる次世代通信規格です。au以外のキャリアで契約したスマートフォンでもLTE通信を使っていて、WiMAXはそもそもKDDI系列の製品であるためauの名称を冠して「au 4G LTE」という名前になっています。

au → au 4G LTE
ドコモ → Xi(クロッシィ)
ソフトバンク → SoftBank 4G

このようにキャリアごとに「4G」の名称は異なります。同じ4G回線でも名前が全く異なります。

LTEとは

LTEとは新しい携帯電話の通信規格のことです。日本では主に第3世代(3G)の通信システムがこれまでは使われてきましたが、LTEはその次の世代の新しい通信方式です。世界的には第4世代(4G)通信として扱われることが多いです。

厳密にはLTEは3Gと4Gの中間技術であり、3.9Gとも呼ばれています。しかし、国際電気通信連合(ITU)がLTEとWiMAXについて「4G」という名称を使うことを認めており、米国の大手キャリアや端末メーカーはLTEを「4G」としています。

4Gとは?

4G(フォージー)は「4th Generation」の略で「第4世代」ということです。通信速度が早い代わりとして電波が障害物に弱いので建物の中には電波が入りにくいです。

タイプDなら電波が切れないように4Gが切れたら3Gに繋がるようになっていますが、タイプAは4G回線のみしか利用できないので、4Gが繋がらない場合は圏外になります。

BIGLOBEモバイルau 4G LTEは800MHzプラチナバンド

BIGLOBEモバイルau 4G LTEは800MHzプラチナバンドです。

モバイル通信の電波は周波数が低い方が、遠くまで届きやすいという特性があります。そのため、ソフトバンクの900MHzよりも低い800MHzの周波数帯の方が、少ない基地局で広いエリアをカバーできます。

また、プラチナバンドと呼ばれる700~900MHz帯の電波は、携帯電話で使われている他の周波数帯(1.5GHz帯、1.7GHz帯、2GHz帯)に比べ、空気中の水分などによる影響を受けにくいため、コンクリート壁を透過しやすく、ビルの内部・建物の陰になっている場所にもよく届きます。

BIGLOBEモバイルタイプDも800MHzプラチナバンド

プラチナバンドは、各携帯サービスでもさまざまな名称でサービス展開されています。

まず、NTTドコモでは、2005年に「FOMAプラスエリア」という名称で800Mhz帯のサービスエリアを提供開始しました。また、LTE方式のXi(クロッシィ)においても800Mhz帯のサービスを展開しています。

周波数帯はドコモ回線もau回線も変わりません。

プラチナバンドとは?

「バンド(band)」というのは電波の周波数帯域のことで、そこに高価な貴金属の「プラチナ」という言葉を先頭に付けることで「価値の高い帯域」という意味で「プラチナバンド」ということになります。

プラチナバンドとは、携帯電話サービスでの利用に適した周波数帯のことです。携帯電話サービスは各携帯電話事業者が割り当てられた周波数帯を利用し、サービスを提供していますが、電波は周波数帯によって、特性が違います。

一般的に高い周波数は直進性が強く、障害物に遮られたり、反射してしまうのに対し、低い周波数は障害物などがあっても電波が回り込み、建物内にも電波が浸透しやすいという特性を持ちます。

こうした特性から、700~900MHz帯は携帯電話サービスの提供に適していると言われ、古くから「ゴールデンバンド(Golden Band)」などと呼ばれてきましたが、最近では広告などで利用されたこともあり、「プラチナバンド(Platinum Band)」と呼ばれるようになりました。

BIGLOBEモバイルau 4G LTEはWimaxが圏外の時に重宝

WiMAX2+回線は通信速度が早いというメリットがありますが、サービスエリアは若干狭く、繋がらない地域もあります。

それに比べてau4GLTE回線は速度が落ちるものの、全国どこでも繋がるというのが特徴です。

Wimaxのハイスピードモード(WiMAX2+)は、速度はau 4G LTEより速いですが、エリアがLTEに比べて狭く電波が届かない場所があります。

  • 地下鉄や地下街
  • トンネル
  • ビル建物の中
  • 山間部
  • 室内などの壁で遮蔽された空間

これらの場所でWiMAXが利用できなくなった時は、au 4G LTEが重宝します。

もともとWiMAXは高速通信を行うため、電波が直進性の高いものになっており、壁や床などの障害物がある環境には弱いです。その弱点を補うことができるのが、au4GLTEです。

WiMAXでもau 4G LTEは月間7GBまで利用できますが、使えるデータ容量に限りがあるので、BIGLOBEモバイルとの併用もすると良いでしょう。

BIGLOBEモバイルau 4G LTEは通信エリアが広い

WiMAX2+の2.5GHz帯でも今や全国のほとんどのエリアで利用できるほどになっていますが、それでもau4GLTEの通信エリアのが圧倒的に広いです。

au4GLTEの人口カバー率は99%を超えていて人口の少ない集落や山奥でも大体利用することができます。障害物が多い場所や地下にも電波が届きやすいので、幅広い場所でインターネットを利用できます。

BIGLOBEモバイルau 4G LTEは電波が繋がりやすい

WiMAX回線は電波の送受信を行う基地局が少ないので、対応エリアでも屋内や地下では繋がりにくいですが、au 4G LTEは基地局数が圧倒的に多く、屋内や地下でも繋がりやすいです。

BIGLOBEモバイルau 4G LTEは受信時最大150Mbps

BIGLOBEモバイルau 4G LTEは受信時最大150Mbpsあるとされていますが、最高通信速度は、あくまで複数の回線を束ねて利用した場合の理論値です。

実際に使用してみた時には、使用するエリアや条件によって、実測値は異なります。

BIGLOBEモバイルタイプAはau 4G LTEで通話品質が良好

BIGLOBEモバイルタイプAはauの電話と同じ品質です。

音質がCD音質並みのクリアになり会話が聞き取りやすくなっています。

高い音もゴモゴモこもらず女性の高い声がよりナチュラルに聞こえるようになります。まるで耳元で話しているかのようにクリアで、自然な音質を実現していると感じます。