BIGLOBEでんわは、IP電話ではない

BIGLOBEでんわは電話網を利用しているため、IP電話ではありません。BIGLOBEでんわはIP電話のような音声の途切れや聞きとりにくさがありません。クリアな音声でスムーズに通話していただけます。

「BIGLOBEでんわ」をご利用できるのは、BIGLOBEモバイルの音声通話SIMを契約している方のみです。

また、データ専用SIMでBIGLOBEでんわを利用することはできません。BIGLOBEでんわは、そもそも番号そのまま発信できるサービスです。電話番号が付かないデータ専用SIMでの発信は不可能です。

BIGLOBEモバイルでIP電話は利用可能?

BIGLOBEモバイルでIP電話は利用可能です。

豊富にあるIP電話アプリから自由に選んで頂きダウンロードすることで利用が可能です。

BIGLOBEモバイルで利用できるIP電話とは?

IP電話とはインターネットプロトコル(Internet Protocol)と呼ばれる技術を利用して通話を行う電話サービスのことです。

IP電話サービスはインターネットへの接続を行うプロバイダによって提供されており、携帯電話や固定電話でも利用できます。

この場合、インターネットにつながる専用の機器に通常の電話機を接続して利用でき、IP電話専用の「050」で始まる電話番号が使えるようになります。

同一プロバイダー内や提携するプロバイダー間の通話は無料で行えることが多く、海外との通話料も一般の電話より安いというメリットがあるが、サービスによっては着発信番号に制限があります。

一般的な電話は音声の通話のみですが、IP電話ではテレビ電話のように動画の通信も可能です。

BIGLOBEモバイルでIP電話は必要?

NTTコミュニケーションズが提供する「050 plus」は、同サービス同士や050番号を持つ多くのIP電話への通話料が無料となります。

固定電話に通話した際も、3分8円と、30秒ごとに課金される携帯電話の通話料に比べてかなり安いです。

携帯電話にかける場合も1分16円です。050 plusは基本使用料が300円かかるが、通話料がこれだけ安ければ簡単に元が取れます。

例えば携帯電話宛ての通話なら、12分超でトータルの料金が逆転します。よりたくさん通話をするなら、050 plusの方がさらに安くなります。

BIGLOBEモバイルの音声通話SIMの通話料は30秒20円で割高、データSIMでは通話ができないので、電話を沢山使ったりした上で通話料を節約したいならこのIP電話が必要です。

BIGLOBEモバイルでIP電話はインターネット回線に依存する

通常の電話回線と違って、インターネット回線が障害により繋がらなくなった場合、電話も使えなくなります。また、回線の混み具合により障害が発生することもあります。

アクセスが集中する時間帯や曜日によっては帯域が確保できず音質に問題が発生したり、一時的に電話が使えなくなることもあります。

データ通信が不安定な時は、まともに通話ができませんので、いざという時に使い物にならないリスクがあります。

BIGLOBEモバイルでIP電話を利用するメリット

通話料が安くなる

IP電話のメリットは、通話料金の安さです。NTTなど既存の電話網を使わないため専用の大規模な設備も必要なく、設備コストがかからないことから割安な通話料金を設定できるのです。

料金は各サービスによって異なりますが、基本的に「固定電話が相手であれば、全国どこへでもNTTの市内通話料金とほぼ同額でかけられる」と考えても差し支えはありません。

BIGLOBEモバイルでIP電話を利用するデメリット

緊急電話ができない

IP電話は、使い勝手が今までとほとんど同じなので、つい普通の固定電話として扱ってしまいがちですが、110番や119番などの緊急電話番号にはまだかけられない場合があります。

他に104(番号案内)や106(コレクトコール)、0120(フリーダイヤル)などNTTの付加サービスへの通話も対象。ただ、一部プロバイダでは対応しているものもあり、将来的には改善される予定です。

通話が不安定

携帯電話は通話専用に無線の帯域を確保しています。ユーザーが多く、データ通信が込み合って使い物にならないような時間、場所でも、電話だけは問題なく使えますが、それに対してIP電話は、ほかの通信するアプリと扱いは同じです。

データ通信が混雑していると、音質が下がったり、通話中に切断されたりといったことが起こります。通話品質の安定感という点では保証がありません。

停電時やネット通信が不安定だと電話ができない

IP電話は必ず電源を必要とするため、停電時には利用する事が出来ません。一般の電話であれば局側からの給電となるため、停電であっても利用する事が可能です。

また、IP電話はネット回線を使用しているため、ネット上において何らかの接続トラブルが発生する事により、電話が繋がらなく恐れがあります。

スマートフォン向けIP電話アプリ「BIGLOBEフォン・モバイル」は終了

BIGLOBEは、2013年より、IP電話サービスの通話アプリ「BIGLOBEフォン・モバイル」を、月額基本料315円(税込)にて提供していました。

「BIGLOBEフォン・モバイル」は、スマートフォンから利用可能な音声通話サービスで、本アプリ間とIP電話間において無料通話が可能でした。

さらに、050ではじまる専用のIP電話番号が付与されるため、本アプリで固定電話や携帯電話への発着信ができ、お得な通話料金で利用することが可能でした。

しかし、「BIGLOBEフォン・モバイル」は、2017年3月31日をもちましてサービス提供を終了となり現在は利用できません。その為、他の事業者のIP電話アプリをBIGLOBEモバイルで利用することになります。

BIGLOBEは「BIGLOBEフォン・モバイル」の代替サービスを3つ用意

サービス名サービス特長
BIGLOBEIGLOBEでんわ国内通話料が半額の、10円(不課税)/30秒に
BIGLOBEでんわ 通話パック60月額650円(不課税)で1,200円分(最大60分)の国内通話が可能に
BIGLOBEでんわ 3分かけ放題月額650円(不課税)で3分以内の国内通話がかけ放題に

BIGLOBEでんわは、BIGLOBEモバイルで、音声通話SIMをご利用中の方は無料で利用が可能です。通話料が30秒9円と他のIP電話アプリより1円高いですが、月額料金が掛からないのでBIGLOBEでんわを利用した方が得策です。

データSIMはBIGLOBEでんわを利用できないので、IP電話アプリを利用しましょう。

BIGLOBEモバイルで利用するIP電話おすすめアプリは?

IP電話サービスで番号を付与されている業者は以下のとおりです。

Coltテクノロジーサービス
KDDI
NTT-PC
NTTコミュニケーションズ
NTTドコモ
STNet
ZIP Telecom
アイ・ピー・エス
アイテック阪急阪神
アルテリア・ネットワークス
エネルギア・コミュニケーションズ
ケイ・オプティコム
ソフトバンク
フリービット
楽天コミュニケーションズ
株式会社コムスクエア
株式会社ハイスタンダード
株式会社メディアアドベンチャー
九州通信ネットワーク
中部テレコミュニケーション
東北インテリジェント通信
日本通信

050plus

050plusは、NTTコミュニケーションズが運営するIP電話サービスです。 NTTコミュニケーションズの圧倒的な知名度を誇り、機能と料金設定のバランスが取れた、安定感のあるサービスです。留守番電話機能があり、メールで通知が届きます。

LaLa Call

LaLa Callは、ケイ・オプティコムが運営するIP電話サービスです。こちらも大手企業の運営する、安心感の高いサービスです。月額基本料金が低価格で、機能も充実しているため、固定電話との通話が多い方におすすめです。

G-call 050

G-call 050は、ジーエーピーが運営するIP電話サービスです。機能と料金設定のバランスが取れており、「050plus」に近い標準的なサービスです。「050plus」と比べると、国際電話の通話料金が低価格です。

050 Call

050 Callは、亜太電信が運営するIP電話サービスです。 月額基本料金が無料で通話料金も低価格、特に国際電話の通話が圧倒的に低料金のサービスです。留守番電話や着信転送といった機能はありませんが、とにかく料金で決めたい方にはおすすめです。

BIGLOBEモバイルで050番号のIP電話から一般加入電話への通話料比較

事業者名商品名一般加入電話へ通話3分間(税抜)
NTT東日本・西日本一般加入電話市内へ3分間8.5円
NTTコミュニケーションズOCNドットフォン300全国一律8円
KDDIKDDI-IP電話全国一律8円
ソフトバンクBBフォン全国一律8円
楽天コミュニケーションズIP電話サービス全国一律8円

殆どの事業者が全国一律8円(税抜)となっております。自宅の電話をよく使う場合、よりお得な事業者を探して契約するほうが、通話料金を節約できます。