BIGLOBEモバイルでは口座振替支払いが可能

BIGLOBEモバイルでは、口座振替での料金の支払いが可能です。クレジットカードを持っていなくても口座振替を利用できます。

ただし、BIGLOBEモバイルの口座振替には条件があります。原則データSIMのプランのみが口座振替に対応しています。音声SIMや端末セットの場合は口座振替が対応しておりません。

データSIMとは、データ専用SIMの事で、ネット通信しか利用できないSIMカードです。電話番号がついて電話ができる音声SIMは口座振替契約できません。

BIGLOBEモバイルの音声SIMはなぜ口座振替支払い契約が不可?

BIGLOBEモバイルの「音声通話SIM」は、20円30秒単位で通話料が発生します。音声通話を利用すればする程に通話料が膨れ上がります。

もし、BIGLOBEで莫大な通話料金を回収できなかったら大きな損害です。口座振替は残高を空っぽにされてしまうと料金を回収できなくなります。BIGLOBEとしてはそのリスクを下げるために、口座振替はデータ通信専用SIMのみとなっております。

「データ通信専用SIM」は、契約しているデータ容量を使い切ったら料金が加算されるわけではなく、通信速度制限が掛かるだけで済むのでBIGLOBE側が負うリスクは低いので口座振替に対応できるわけです。

BIGLOBEモバイルの支払い方法

クレジットカード

クレジットカードは、「音声SIM」「データSIM」「端末セット」全ての契約で支払いが可能です。口座振替よりも早くSIMカードが届く点、手数料が掛からない点などのメリットがあります。

口座振替(ゆうちょ銀行含む)

口座振替はデータ通信専用SIMのみ利用できます。SIMカードが利用可能になるまで2週間程度の時間が掛かり、口座振替手数料が毎月216円が月額料金にプラスされる点などのデメリットがあります。

KDDI請求

「auひかり」対応コースを含む全てのBIGLOBE利用料金をKDDIへ支払う方法です。

全プラン対応で、請求が一本化されますが、KDDI請求の利用は、BIGLOBEで「auひかり」対応コースを契約していることが条件となります。「auひかり」と同時の申し込みも可能です。

BIGLOBEモバイルの音声通話SIM契約で口座振替支払いする方法

BIGLOBEモバイルの口座振替は、契約時は「データSIM」しか選択できないようになっておりますが、契約後は音声SIMに切り替え可能です。

一度、「データSIM」を契約した後に「音声SIM」へ変更する方法を取ることで口座振替の支払いのまま「音声SIM」が利用できます。

BIGLOBEモバイルでは、クレジットカード以外の支払い方法で契約中のデータ通信SIM利用者でも、音声通話SIMに変更することが認められています。

ただし、カード種別切り替え時には「SIMカード発行手数料3000円」「SIMカード準備料394円」が掛かります。手数料は掛かりますが、口座振替で音声SIMを契約できる唯一の方法です。

BIGLOBEモバイルは、ドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)の2つプランがありますが、どちらも一度、「データSIM」を契約した後に「音声SIM」へ変更することは可能です。

BIGLOBEモバイルに他社から番号そのままMNPはできない

「データSIM契約」後「音声SIM契約」する場合、最初のデータ契約は電話番号がつかないので他社からの乗り換えができません。

電話番号の引き継ぎができないので、「データSIM契約」後「音声SIM契約」する場合は新規で番号を発行することになります。

BIGLOBEモバイルに他社から番号そのまま乗り換えで音声SIMを口座振替にすることは不可能ということになります。

BIGLOBEモバイルのデータSIMはキャッシュバック対象外

BIGLOBEモバイルでは、音声SIMを契約するとキャッシュバックが貰えますが、はじめにデータSIMで契約してしまった場合、このキャッシュバックキャンペーンの適用は対象外です。

「データSIM契約」後「音声SIM契約」する場合はキャッシュバックは貰えません。最初の契約で音声SIMを契約したらキャッシュバックが貰えます。

よって、「データSIM契約」後「音声SIM契約」する方法はキャッシュバック分を損することになります。

BIGLOBEモバイル口座振替支払い契約の手順

  • BIGLOBEモバイル申し込み時に口座振替を選択
  • 後日申し込み用紙が届く
  • 必要事項を記入して返送
  • 提出された書類に問題がなければSIMカード配送
  • SIMカードが到着し利用開始

書類提出後は3日程度で配送となります。これは音声SIMと配送に掛かる時間は変わりません。

BIGLOBEモバイルの口座振替支払いに必要なものは、「口座名義の方の自筆サイン」「印鑑」の2点です。自分以外の名義の口座を登録したい場合は、同姓の家族の口座に限り指定可能です。

つまり、契約者以外は家族までの範囲であれば銀行口座を指定できます。

BIGLOBEモバイル口座振替は毎月手数料が発生

BIGLOBEモバイルの口座振替支払い契約した場合、「口座振替・自動払込手数料」として毎月216円が発生します。

口座振替支払い1回につき、「口座振替・自動払込手数料」216円が発生する点は口座振替のデメリットです。クレジットカード支払うの場合、支払い1回に手数料は掛かりません。

毎月216円掛かると、1年間で2592円が掛かります。そう考えると、大きな金額の出費となります。口座振替を選択する人はクレジットカードを持っていない方や作れない方など、やむを得ない事情がある方です。

BIGLOBEモバイルの口座振替支払いの銀行口座引き落とし日は?

BIGLOBEモバイルで口座振替支払い契約した場合、毎月月末までの料金が計算され翌月の26日に銀行口座引き落とされます。

ただし、利用料金の合計が1,000円未満の場合は引き落としが持ち越され、繰り越された分と合算し、請求額が1,000円以上になった月の翌月の26日に一括で引き落としが行われます。

26日が指定口座の銀行やゆうちょ銀行が土日で休みの場合は次の営業日に引き落としとなります。

BIGLOBEモバイルの口座振替支払いはSIMカードの到着が遅くなる

BIGLOBEモバイルで口座振替支払い契約した場合、クレジットカード支払いを選択した場合よりもSIMカードの到着が遅れます。

これは、BIGLOBEモバイルへの申込みが完了した後、口座支払いの手続き申込み書が後日郵送されますので、書類に必要項目を記入し再度返送して、登録が完了後SIMカードが発送されますので約2週間前後の期間が必要になります。

BIGLOBEモバイルよりUQモバイルの方が口座振替支払いはプランが選べる

UQモバイルは口座振替に対応しており、音声通話SIM、データ専用SIM、端末セット、全ての契約が可能です。

BIGLOBEモバイルは肝心の音声SIMが口座振替未対応ですので、電話が使えるプラン契約ができないのは実用的ではありません。一度、データSIMを契約してから音声SIMに切り替える方法もありますが、余計な手数料が掛かります。

それなら、口座振替に全ての契約が対応しているUQモバイルを最初から契約した方が手っ取り早いでしょう。