LINEの年齢確認とは?

LINEでは「LINE ID」を使って、ユーザー検索をしたり、友だちを追加することができます。

LINE IDを利用するには18歳以上であることを証明する年齢確認が必要になります。年齢確認は、18歳未満のユーザーが出会い系などのトラブルに巻き込まれないように、LINEが行っている施策の一つです。

LINEでは、利用規約で見知らぬ異性との出会いを目的とする利用を禁止していますが、非公認の掲示板などの誰でも利用することができるウェブサイトやアプリにLINEのIDを公開し合って、見知らぬ人とLINEで友だちになるケースがあります。このような利用は、思わぬトラブルに発展する可能性もあります。

そこで、青少年のLINEユーザーの皆さんをトラブルから未然に守るため、18歳未満の方はLINEのID設定およびID検索を利用することができないよう部分的な機能制限を実施しています。

LINEのID検索とは

ID検索は友だちを追加する手段の1つです。

友だちに追加したい相手がLINE IDを設定していて、他の人がLINE IDを検索して友だち追加することを許可している場合、あなたがID検索を使って相手を探し、友だちに追加できます。

電話番号を知らない相手であっても、LINE IDを教えてもらうことで友だちに追加できます。LINE IDは自分で自由に設定できます。半角英数字20文字以内です。他のユーザーが使用しているIDは当然に本人しか設定できません。

LINEのID検索では18歳未満の方の利用が制限されています。青少年を犯罪やトラブルから保護するためです。利用者が18歳未満か18歳以上かを判断するために、年齢確認をする必要があります。

BIGLOBEモバイルでLINEの年齢認証するとできるようになること

BIGLOBEモバイルでLINEの年齢認証をすると、以下の事ができるようになります。

  • LINE ID検索
  • LINE ID検索から友だち追加することができます。

  • IDで検索される
  • 他のユーザーがあなたのLINE IDを検索して、友だち追加することができます。

BIGLOBEモバイルはLINE年齢認証は可能?

BIGLOBEモバイルでは、「トーク・スタンプのやり取り」や「無料通話」といったLINEの基本的な機能は使えますが、LINEの年齢認証ができません。その為、LINEの年齢確認はスキップするしかありません。

「年齢認証」ができないので、「友達のIDを検索・追加」「自分のIDを友達に検索・追加してもらう」「電話番号検索」が利用することができません。

また、自分がID検索できないだけでなく、他の人が自分のLINE IDを検索しても検索で引っかかりません。自分のID自体は存在しますが、他の人が自分のIDを検索しても、検索結果には表示されないのです。

LINEアプリで年齢認証できるのは、ドコモ、ソフトバンク、auです。格安SIMではLINEモバイル・ワイモバイル以外は年齢認証をすることができません。

格安SIMは2社のみしか今のところはLINEの年齢認証に対応しておりません。

これは、LINEと各MVNOでシステムが連携していないからです。

ただしドコモ・ソフトバンク・auで使っていた端末をそのままBIGLOBEモバイルに乗り換えする場合はID検索ができます。キャリアで契約しているうちに年齢認証をしておけば、ID検索機能も含めて、今まで通りLINEを利用することができます。

LINEのデータはSIMカードではなく端末に保存されていますので、BIGLOBEモバイルに乗り換えしてSIMカードを挿しかえた後も、年齢認証のデータは引き継がれます。

LINEの年齢認証ができる格安SIM

格安SIM事業者(MVNO)の中でも「ワイモバイル」と「LINEモバイル」の場合のみLINEの年齢確認が可能です。

なぜこの2つは年齢確認が可能かと言いますと、「ワイモバイル」は運営元の会社がソフトバンクであり、「LINEモバイル」はLINEのグループ会社が直接運営しているためです。

ワイモバイル

Y!mobileはソフトバンクの子会社で、独自の回線を持ったキャリア扱いの通信事業者です。LINEの年齢認証を行うことができるため、ID検索が使用できます。

ワイモバイルはSoftbankのグループなので、他の格安SIMと違って、ソフトバンクと同じ電波を使っています。

借りて運営しているわけではなく、ソフトバンクの回線も使えて、さらに元々保有していた自社回線の「旧イーモバイル」の回線と「旧ウィルコム」の回線まで扱っています。

つまり回線を保有できる信頼できる会社ということで、LINEとの契約情報をやりとりすることができて、年齢認証をすることができるということです。

LINEモバイル

LINEモバイルはその名の通りLINE株式会社が手掛ける格安スマホです。LINEの年齢認証が可能なためID検索が使えます。

LINEモバイルはLINEのグループ会社が運営しているため、当然、年齢認証できます。LINEが他の格安SIMで年齢認証ができないのは、他社のMVNO=つまりLINEモバイルのライバルに対して、自社の優位性を保つために、システムの連携を拒否しているとの憶測もあるほどです。

BIGLOBEモバイルでLINEの引継ぎ方法

BIGLOBEモバイルで新たに端末を購入してもLINEの引き継ぎは可能です。

ただ注意点としては、LINEの引き継ぎをせずに新しい機種でLINEの「新規登録」をしてしまうと、元々利用していたLINEアカウントが消滅して、友達やグループや購入したスタンプなどが全て消えてしまいます。

引継ぎを行うには、メールアドレスが必要になります。

BIGLOBEモバイルLINE引き継ぎの事前準備

①LINEにメールアドレスを登録または有効かを確認

メールアドレスの登録の手順

  • [その他]>[設定]>[アカウント]をタップ
  • [メールアドレス登録]をタップ。利用可能なメールアドレスを登録します。
  • (すでに登録をされている場合)[メールアドレス変更]の下にメールアドレスが表示されるので確認。

設定していない場合は、メールアドレスの登録はされていませんので登録を行います。

メールアドレスの登録時には一緒にパスワードも登録することになります。

セキュリティ上、自分が設定したパスワードは表示されませんが、パスワードもメモしておきましょう。

②Facebook認証をおこなう

Facebookのアカウントを持っている人はFacebook認証も設定しておきます。先ほどのメールアドレスとパスワードさえ登録しておけばフェイスブック認証しなくても大丈夫ですが、LINEを引き継ぐ際にパスワードを忘れる場合があります。

その時にFacebook認証で引き継ぎができるので、万が一の際の予防策として有効です。

「○○○」アイコン→「設定」(右上の歯車アイコン)→「アカウント」→「Facebook連携」をタップします。
Facebookアカウントでログインを行い、Facebookを許可すれば完了です。

③引き継ぎの許可

引き継ぎの許可は24時間を超えた場合は無効になりますので、スマホを変更する当日中に行いましょう。

LINEの[設定] >[アカウント] > [アカウント引き継ぎ設定]でアカウントを引き継ぐをオンにします。

④トーク履歴を引き継ぐには移行作業が必要

前述したLINEの引き継ぎ設定にはトーク履歴の引き継ぎは含まれておりません。自動で移行されるわけではないので注意です。もしトーク履歴も残したい場合は手動で移行作業が必要です。

iPhoneの場合はiCloudによるトーク履歴のバックアップ、Androidの場合はトークルーム毎にトーク履歴をバックアップできます。

新しいスマートフォンにLINEを引き継ぐ

新しいスマホが届いたら、事前に準備しておいたメールアドレスとパスワードでLINEの引き継ぎを行います。

①新しいスマホにLINEアプリをインストールして開きます。

最初の画面で【ログイン】をタップします。

ここでメールアドレス登録をしないまま新規登録をしてしまうと、アカウント引き継ぎが行われず新しいアカウントが作成され、友だち、グループ、購入したスタンプなど全てのデータが削除されてしまいますので注意して下さい。

削除されたデータは二度と復活することができません。

②登録したメールアドレスとパスワードを入力

新しい端末にLINEをインストールしたら、前の機種で設定したメールアドレスとパスワードを使用してログインします。

最初の画面では「ログイン」と「新規登
録」が表示されますが、「ログイン」を選択し旧機種で登録したメールアドレスとパスワードを入力しましょう。

③電話番号を入力し、SMSで受信した4桁の認証番号を入力

メールアドレスとパスワードの確認が完了したら、電話番号の登録を行います。その番号宛に認証番号が書かれたSMSが届くので、LINEの画面で認証番号を入力すればログイン完了です。

これでLINEの引継ぎは完了いたしました。

BIGLOBEモバイルでLINEのID検索ができない場合の対処法

ふるふるで友達登録する

ふるふるは目の前に友達がいる場合しか使えませんが、その名の通りスマホを振り合うだけなので、目の前に友達のアカウントを友達登録ができます。

しかし、ふるふるはスマホ自体にGPS機能がないと使うことができません。GPS機能が付いていてもオフになっていたら使えませんので、オンになっているか確認してみましょう。

また、LINEで「友だちへの追加を許可」にチェックが入っていないと使うことができませんので、チェックを外しておきます。

  • 「その他」→「友だち追加」をタップし「ふるふる」をタップする。
  • 登録したい友達と一緒にスマホをフリフリする、または画面をタッチする。
  • 自動的に友達登録され完了!

「ふるふる」を使えるのは登録したい人が側にいるという条件があり、違う地域に住む知り合いを登録するといったことは出来ません。

IDの検索機能を使えない人にとってはこれが最も大きな壁となっています。

QRコードで友達登録する

QRコードで友達追加するのは目の前に友達がいて、相手のアドレスも電話番号も知らない場合で、さらにGPS機能がないスマホの場合です。、また、離れた友達でスマホ以外にタブレットやPCでQRコードをメールを確認できる場合、友達登録が可能です。

しかし、QRコードのメール送信の場合は相手がスマホしか持っていないと読み込みすることができません。

  • 「その他」画面でその下の「友達追加」をタップする。
  • 「友達追加」画面でQRコードをタップする。
  • 自分のQRコードが表示されるので、追加したい友達に読み込んでんでもらう。
  • 友達追加の完了!
  • 離れた友達にQRコードをメール送信する場合は右上の・が3つたてに並んだアイコンをタップする。
  • 「メールを送信」をタップし出てきたアドレス一覧から送信したい相手を選ぶ
  • QRコードを添付したメールが自動作成されるので、そのまま送信する。
  • QRコード読み込みで、友達登録完了

専用URL

IDの検索機能が使えないということは、相手にも自身のIDを登録してもらえないということも意味しています。しかし、この問題もLINEで『自分専用』のURLを作成することで解決することが可能です。

専用URLを発行すれば、相手と離れていても友達登録することができます。発行した専用URLはメール、SMS、SNSなどのメッセージで送れます。

  • 「友だち」の右上のプラスマーク、もしくは「その他」の「友だち追加」をタップ
  • 「友だち追加」画面左上の「招待」をタップ
  • 招待方法でEmailを選択する
  • 招待する人を選択する
  • メールが開き、本文の最後に専用URLが記載されているのでコピーする

LINEの友だち自動追加機能

友だち自動追加機能を利用するには、まずトップ画面左上の「設定」ボタンをタップし、下にスクロールして「友だち」をタップしてください。

「友だち」をタップ後、「友だち自動追加」をオンにします。そうすると自分のスマートフォンの連絡先(端末の電話帳)に登録されている人が自動で友だちに追加されます。

そのため、友だち追加したい相手の連絡先を自分のスマートフォンに登録すれば、LINEアプリ上でも友だちに追加できます。

BIGLOBEモバイルでLINEの年齢認証をする裏技キャリアのSIMカードを使う

ドコモ・ソフトバンク・auのSIMカードを使えばLINEの年齢認証ができます。キャリアのSIMカードは契約中である必要があります。友達や家族でキャリアを使っている人がいれば一時的に借りて年齢認証しましょう。

なお、借りた大手キャリアのSIMの「電話番号」と「会員サイト(MY SoftBank、MY docomo,My au)のパスワード」が必要なので、借りる時に確認しておきましょう。

一度、LINEで年齢認証さえできれば、それ以降はBIGLOBEモバイルのSIMカードに差し替えてもID検索が行えます。

年齢認証が済むと「ID検索」と「電話番号検索」が使えるようになります。ただし、違うスマホ端末でLINEを使い始めると、年齢認証が済んでいない状態に戻ります。

年齢認証で使うLINEのSIMカードは自分名義である必要はありません。家族や友達から借りても大丈夫です。

  • 事前にドコモIDやMy Softbankなど登録を済ませたキャリアSIMを用意します。docomoであれば、docomo IDとパスワードの入力を求められます。docomoを解約した時点でdocomo IDも使えないので認証ができません。docomoを契約している段階で行う必要があります。
  • BIGLOBEモバイルの端末にキャリアに入れていたSIMを挿入して電源を入れる。
  • LINEアプリを開き、「IDの検索を許可」を有効にします。年齢確認画面が開き、「年齢確認をする」を扱うとキャリアのログイン画面が表示されるので、電話番号とパスワードを入力して年齢確認を行います。これで年齢確認が終了し、「IDの検索を許可」が有効になります。
  • 電源を切り、BIGLOBEモバイルのSIMに戻して電源を入れ直すだけです。再起動したら「IDの検索を許可」は有効になります。

この方法で1度でも年齢認証をすれば、その後、BIGLOBEモバイルから格安SIMに乗り換えてSIMカードを差し替えても年齢認証した状態が維持されます。

年齢認証が済むと「ID検索」と「電話番号検索」が使えるようになります。ただし、違うスマホ端末でLINEを使い始めると、年齢認証が済んでいない状態に戻ります。

パソコン版のLINEから「ID検索」と「電話番号検索」ができる

LINEには、パソコン版があります。このパソコン版LINEからなら、LINE年齢認証をしなくてもID検索と電話番号検索が使えます。

パソコン版LINEのインストール方法は以下の通りです。

    >LINEのダウンロードページ
    を開き、パソコンにLINEをインストールします
  • アプリを開いてスマホのLINEに登録したメールアドレスとパスワードでログインします。
  • ログイン後、[友だち追加]をクリックします
  • 続いて、[友だち検索]をクリックします
  • すると[友だち検索]画面が出ます
  • 相手のIDを入力して、[追加]をクリックすれば[友だち追加]が可能です

BIGLOBEモバイルでLINEのIDを持つ場合の注意点

LINE IDは登録しておくと便利ですが、知らないユーザーからID検索されてしまったり、迷惑なメッセージが届いてしまう可能性があります。

また変更、削除ができないため、それが気になる場合は、LINEプロフィール設定画面の「IDによる友だち検索を許可」をオフにしましょう。

これで他のユーザーからLINE ID検索をされても、ID検出されなくなります。

LINE IDの検索許可はいつでもオンオフ変更することができるので、LINE ID検索してほしい時だけオンに変更するとより安全です。