BIGLOBEモバイルSIMカードの種類

BIGLOBEモバイルには3つのSIMカードがあります。

  • 標準SIM(15mm×25mm)
  • microSIM(12mm×15mm)
  • nanoSIM(8.8mm×12.3mm)

BIGLOBEモバイルのSIMには大きさの種類があり、スマートフォンによって使えるサイズが異なります。

タイプAの場合、お手元に届くSIMカードは「マルチサイズSIM」です。ご利用の機器に適合するサイズに切り離してお使いください。

BIGLOBEモバイルのSIMカードとは

SIMカードとはスマートフォン・タブレットなどのモバイル端末でインターネットや音声通話を行うために必要な小型のICカードで端末に挿入して使用します。

SIMカードには電話番号など契約者情報が記録されており、利用者を特定する役割も果たします。

現在、SIMカードのサイズは標準SIM・microSIM・nanoSIMの3種類があり、これらのサイズはご利用の端末によって異なります。

BIGLOBEモバイルのマルチSIMとは?

「マルチSIM」とは任意のサイズにカットでき、「標準SIM」、「microSIM」、「nanoSIMの」3サイズに対応します。ご利用端末のSIMサイズをご確認のうえ、切り目に沿ってカットします。

マルチSIMと通常のサイズ固定のSIMとの違いは、SIMカードの台紙から取り外す際に、任意のSIMサイズを選択できるという点です。

通常のSIMカードはプラモデルのパーツのようにSIMが台紙に固定されていて、それを外して利用するものになります。

マルチSIMの場合はnanoSIM・microSIM・標準SIMの3種類のサイズを選んで切り離すことができる切込みが入っているので、台紙から取り外す際に任意のサイズを選ぶことができます。

最近は「nanoSIM」サイズの対応端末が多いため、マルチSIMと混同してしまうことが多いですが、VoLTE対応・nanoSIMサイズ対応の端末の場合、マルチSIMを選びnanoSIMサイズに切り離して使用すれば大丈夫です。

マルチSIMはタイプAでのみ提供されており、タイプDでは提供されておりません。

BIGLOBEモバイルSIMカードサイズごとの特徴

標準SIMカード(mini SIMカード)

現在使用されているSIMカードの中では最も大きく、25mm×15mmサイズのカードです。初代iPhone~iPhone3GSまでの端末や、比較的古いAndroidスマホが標準SIMカードに対応しています。

micro SIMカード

micro SIMカードは15mm×12mmの大きさで、標準SIMよりコンパクトなサイズです。micro SIMは2003年に誕生したものの、2010年に発売されたiPhone 4とiPadではじめて導入されました。

以降一気にシェアが広がり、いまでも多くのAndroidスマホ・タブレットがmicro SIMカードに対応しています。

nano SIMカード

nano SIMカードは現状最も小さいサイズの12.3mm×8.8mmです。2012年に発売されたiPhone 5にはじめて採用されました。当初はあまり広まらなかったものの、のちに欧州電気通信標準化機構に新しい規格として策定されてから、たくさんのAndroid端末にも取り入れられています。

BIGLOBEモバイルは端末によりSIMカードサイズが異なる

BIGLOBEモバイルは端末によりSIMカードサイズが異なります。合わないSIMカードは端末で動作することができません。

動作確認はこちら 

BIGLOBEモバイルデータ専用SIMと音声対応SIMの違い

データSIM

インターネットが利用できるデータ通信専用のSIMで、「090/080」などの携帯電話番号を使った通話はできません。ただしLINEなどのメッセンジャーアプリを使えば音声通話が可能です。

メッセンジャーアプリでは登録時にSMS認証が必要になることがありますが、ワイモバイルのデータSIMプランにはSMS(ショートメッセージサービス)がついているので安心してご利用いただけます。

音声対応SIM

データ通信に加えて「090/080」などの携帯電話番号を使った品質の高い通話ができます。MNP(ナンバーポータビリティ)を使えば、それまでの携帯電話で利用していた電話番号をそのまま利用できます。

BIGLOBEモバイルマルチSIMカードを小さくカットした後に大きくサイズ変換する方法

SIMには大きい方から「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3つのサイズがあります。SIM変換アダプタは、小さいサイズのSIMを大きくすることができるので、変換できるのは次の3パターンです。

nanoSIM → microSIM
nanoSIM → 標準SIM
microSIM → 標準SIM

BIGLOBEモバイルマルチサイズSIMの切り取るサイズを間違ってしまったらSIMサイズ交換を公式は推奨

ご利用の端末に対応するSIMカードサイズより小さいサイズで切り取ってしまった場合には、「SIMカード種別変更」の手続きを行い、新しいSIMカードの発行を行う方法もあります。

1回(SIM1枚)の申し込みで、SIMカード種別変更手数料3,000円(税別)とSIMカード準備料394円(税別)がかかります。

タイプAのSIMカード変更方法

  • カード種別変更をクリック
  • マルチサイズSIMカードに変更
  • 変更を申し込むをクリックして完了

BIGLOBEモバイルタイプDのSIMのみ契約はSIMサイズ間違いに注意

BIGLOBEモバイルタイプDのSIMのみ契約では、nano SIM、micro SIM、標準 SIM の3種類から自分で選択することになります。

この選択を間違えてしまうと動作しないのでSIMカード交換となり、SIMカード種別変更手数料3,000円(税別)とSIMカード準備料394円(税別)がかかります。

余計な出費をしない為にも事前に動作確認端末一覧でSIMサイズの確認をして間違えないようにしましょう。