BIGLOBEモバイルのテザリングとは

テザリングとは、スマートフォンなどを外部モデムとして利用してPCなどをインターネット接続させる機能です。テザリング機能のあるスマートフォンがあれば、WiFiルータを持ってなくても、そのスマホを利用して屋内、屋外に関係なく、PCやゲーム機でインターネット通信ができます。

テザリングとは、「つなぐ」を意味するテザー(tether)を元とした用語で、普段スマートフォンで使用している4Gや3Gといった携帯電話の通信網に、スマートフォン以外の機器を接続するということを指しています。

スマートフォンを中継点としてPCやその他の端末をインターネットに接続することで、自宅やオフィスといった場所に縛られることなく、スマートフォンのエリア内であればどこでもインターネットに接続できるようになります。

BIGLOBEモバイルテザリングの種類

BIGLOBEモバイルのテザリングには3つの種類があります。

インターネットにつなげたい端末”とスマートフォンとの接続方法によってそれぞれ異なります。またそれぞれ通信方式によって通信速度が異なり、USB、Wi-Fi、Bluetoothの順に速くなっています。

最もスタンダードな接続スタイルの「Wi-Fiテザリング」は、Wi-Fi対応機器に電波を飛ばす無線タイプのテザリングです。
特徴は複数の機器が同時に接続可能な点です。

Nintendo 3DSや、PSPなどのゲーム機はWi-Fi対応になっており、複数で同時にゲームを楽しむことができます。

Wi-Fiテザリングと同様に、無線で電波を飛ばす接続スタイルの「Bluetoothテザリング」の特徴は、Wi-Fiテザリングに比べ、バッテリーの消費が少ないという点です。

通信速度がやや遅いという問題もありますが、親機・子機ともにバッテリー消費が抑えられます。

「USBテザリング」と呼ばれる、有線タイプの接続スタイルはUSBケーブルで接続しテザリングを行うため、USBポートがある機器に限り利用可能です。

「USBテザリング」は3つのテザリングスタイルの中で、最も通信速度が速です、速度重視でテザリング利用を行いたい人に最適な接続方法となっています。

BIGLOBEモバイルのテザリング1:Wi-Fiテザリング

Wi-Fiを利用してスマートフォンと端末を接続する方法です。PC、タブレット、ゲーム機といった複数の端末を同時に接続できます。一般的に“テザリング”という言葉が使われる場合、このWi-Fiテザリングを指しています。

同時に複数台の接続が可能ですが、接続台数が多くなると通信速度が遅くなることがほとんどですので、注意しましょう。

BIGLOBEモバイルのテザリング2:USBテザリング

USBケーブルを利用してスマートフォンと端末を接続する方法です。端末側が給電に対応している場合、スマートフォンを充電しながらネット接続が行えます。

電波の混線の影響を受けやすい無線での接続に比べ、通信状況が長時間安定するほか、3種類のなかで最も高速で通信することができます。ただ、有線での接続となるため、USBケーブル、USBポートが必要となるほか、同時にテザリングが利用できる端末は1台のみとなります。

BIGLOBEモバイルのテザリング3:Bluetoothテザリング

Bluetoothを利用してスマートフォンと端末を接続する方法。Wi-Fiテザリングと比較してスマートフォンのバッテリー消費が数抑えられます。利用には端末とスマホのペアリングが必要になります。

ただし、Bluetoothそのものの通信速度が遅いため、大容量のファイルなどの送受信といった作業には向いていません。

BIGLOBEモバイルはテザリングできる?

「BIGLOBEモバイル」でのテザリングは、テザリングに対応した機種で利用できます

テザリング機能を利用できる機種とできない機種があります。また、同じ機種であっても、スマホ端末を販売していたキャリアがdocomoか、auか、ソフトバンクかによって、テザリングが利用できるか変わります。

各端末のテザリング対応については、以下のページをご確認ください。

「BIGLOBEモバイル」動作確認済み端末 

BIGLOBEモバイルテザリング利用がおすすめな人

テザリングが役に立つ利用シーンとは、外出先でパソコン等をインターネットに接続する時です。普段、自宅や仕事場、その他の利用場所で自由に使わせてもらえる安全なWi-Fi環境が利用できる場合はテザリングは不要ですが、Wi-Fi接続環境がない場所でインターネット接続を行う場合、フリーのWi-Fi接続ではセキュリティに不安がある人は、テザリングを利用することをお勧めします。

ただし、外出先で大容量のインターネット通信を行うことが多い人の場合は、スマートフォンによるテザリング利用よりは、WiMAXなどの専用のWi-Fiルータを利用して大容量の通信サービスを受けた方が、利便性、コストの面で有利となります。

  • 外出先でノートパソコンを利用したい
  • 旅行先でタブレットを使いたい
  • 外出先で携帯ゲーム機をネットにつなぎたい
  • Wi-Fiがうまく使えない時にパソコンを使いたい

BIGLOBEモバイルテザリング方法

BIGLOBEモバイルでテザリングを利用する設定は、基本的にはネットワーク名となる「SSID」とセキュリティコードとなる「パスワード」を事前に設定して、テザリング開始後に接続する端末でSSIDを探しつつパスワードを入力して接続する方式となります。

テザリングをONにしたら、接続する端末のWi-Fi設定からSSIDを探してタッチし、パスワードを入力します。すると認証が開始されて接続されます。

一度接続したらSSIDやパスワードを変更するまでは再設定不要で、次回から自動で接続されるようになります。もちろん電波を発信する端末のテザリングがONになった場合です。

  • ホーム画面の「設定」をタップ
  • 設定メニューの中から、「モバイルデータ通信」をタップ
  • 「インターネット共有」をタップ
  • 「インターネット共有」のスイッチをONにする
  • パスワードを設定し、「完了」をタップ
  • 「戻る」をタップし、「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」をONにする

BIGLOBEモバイルテザリングに最適なプラン

プラン種別音声通話SIMデータSIM
音声通話+データ通信+SMS
タイプD タイプA
データ通信+SMS
タイプD タイプA
データ通信のみ
タイプD
1ギガ
音声通話スタートプラン
1400円
3ギガプラン1600円1020円900円
6ギガプラン2150円1570円1450円
12ギガプラン3400円2820円2700円
20ギガプラン5200円4620円4500円
30ギガプラン7450円6870円6750円
データ追加チャージ+100MBごと300円

テザリングはBIGLOBEモバイルのスマホからWi-Fiの電波を飛ばしているので、データ通信容量はスマホの契約に準ずる形となります。

そのため、どのくらいテザリングでテータ通信しても大丈夫かというのはBIGLOBEモバイルで契約している通信プランによって変わります。

映像配信サイトの動画視聴や大きなサイズのファイルをダウンロードするなど、子機側で大きなデータ容量を使用する場合も、BIGLOBEモバイルの通信プランのデータ制限量を超えないように注意しましょう。

BIGLOBEモバイルは最大でも30ギガまでのプランしかなく通信容量無限のプランはありません。

テザリングを利用するなら余裕をもって大容量プランを選択しておくと良いです。余る分には速度制限なされることなく利用できます。ただ、データ容量が余り過ぎると無駄な出費となってしまうので月ごとにプランを変更して最適なプランにすると良いです。

1ヶ月ごとにどのくらいデータ使用量を使っているか確認して最適なプランに変更しましょう。

BIGLOBEモバイルテザリングはエンタメフリーでも利用可能

エンタメフリーオプションの利用料金は、BIGLOBEモバイル基本料金に加え、音声通話SIMを利用しているなら480円、データ専用SIMを利用しているなら980円となります。対象サービスを多く利用する方にとっては、圧倒的にお得なオプションです。

エンタメフリー・オプションは、カウントフリーとなるエンターテイメントサービスがあり、通信量がカウントされない仕様となっています。

YouTube、YouTube Music、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotify、AWA、radiko.jp Amazon Music、 U-NEXT、YouTube Kids

これらのサービスはどれだけ利用してもカウントフリーですので、大容量プランは必要ありません。

これらのサービスの動画や音楽をいくら視聴しても月々の通信量には影響がなく、視聴しすぎて通信速度が制限されてしまうこともありません。

エンタメフリー・オプション対象外の動画や音楽ストリーミングサービスの利用をする場合は大容量プランが必要となります。

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーはテザリングでもカウントフリー?

「エンタメフリー・オプション」はテザリングによる視聴でも適用されます。ただし、複数台・複数アプリでの同時視聴を行うと、エンタメフリーの対象外となる場合があります。

つまり、1つの端末1つのアプリで視聴する分にはカウントフリーです。2つの端末以上、2つのアプリ以上で同時視聴はカウントフリーにならない恐れがあるので、最初はアプリでこまめにデータ使用量を確認すると間違いないです。

BIGLOBEモバイルでテザリングを利用するとスマホのバッテリー消費が激しくなる

テザリングは、スマホ本体の通信と外部機器への通信の両方を行うため、スマホのバッテリーはいつもより消費します。

バッテリーを減らしたくない場合は通信速度はやや遅くなりますが、Bluthoothで接続する方法の方がバッテリーは長持ちします。

そのため、特に通信速度を重視しない場面では、バッテリー容量のことを考えてBluetoothテザリングを選ぶと良いです。また、長時間テザリングをする必要がある場合も、Bluetoothテザリングの方がバッテリーは長持ちするためおすすめです。

スマホのバッテリーを充電しながら使用できるような場所であれば、Wi-Fi接続のテザリングでも、バッテリー残量を気にせず使用することが可能です。

BIGLOBEモバイルのテザリングは通信速度は不安定

スマホは、テザリング使用中でも同時に他の様々な通信を行っています。そのため、データ通信が非常に不安定になります。また、長時間の使用よりは短時間の使用が向いています。

また、人が多い場所では電波が干渉しあって更に繋がりにくくなるため、通信が不安定になります。

BIGLOBEモバイルのテザリングは1台のパソコンをテザリングでインターネットに接続した場合、スマートフォンもしくはタブレット単体で利用した時の半分〜3分の2程度の速度が出ます。

他の格安SIMでは、同じ条件でテザリングした場合スマートフォンもしくはタブレット単体で利用した時の半分以下の速度しか出ませんので、それよりは速い速度が出ます。

BIGLOBEモバイルのテザリング月額料金は無料

大手キャリアでは、テザリングを利用に月額料金がかかりますが、BIGLOBEモバイルでテザリングを利用する場合は、月額料金は無料です。

データ通信容量は減るので、データ容量を増やすにつれて料金は上がりますが、テザリングを利用するのに料金は掛かりません。

BIGLOBEモバイルのテザリングは何台まで接続できる?

Wi-Fiテザリングでインターネットに接続できる端末の台数は、SIMカードを挿しているスマートフォンまたはタブレットの機種によって異なります。

複数台を接続したい場合は、事前に自分のスマートフォンもしくはタブレットが何台までのテザリングに対応しているのか確認します。

BluetoothテザリングやUSBテザリングの場合は、1台のスマートフォンに対して1台の端末しか接続することができません。