BIGLOBEモバイルキャッシュバックキャンペーン

BIGLOBEモバイルキャンペーンタイプA限定の特典とは

BIGLOBEモバイルキャンペーンでタイプDよりタイプAの特典が優れているのは、一部の端末割引のみです。その他については、タイプDと特典差はありません。

欲しい端末の割引がタイプDとタイプAで異なる場合は、端末割引の大きいタイプAを選択する大きな要因になるでしょう、

BIGLOBEモバイルキャンペーンタイプAのSIMのみ特典

BIGLOBEモバイルキャンペーンタイプAのSIMのみ特典1:6ヵ月間1200円割引

BIGLOBEモバイル音声通話3GB以上のSIMを契約で、1~6ヵ月目まで毎月1200円値引きされます。ドコモ、またはauのどちらのSIMを選んでも特典が適用されます。

BIGLOBEモバイルで値引き特典なしの月額料金は以下の通りです。

プラン種別音声通話SIM
音声通話+データ通信+SMS
タイプD タイプA
1ギガ
音声通話スタートプラン
1400円
3ギガプラン1600円
6ギガプラン2150円
12ギガプラン3400円
20ギガプラン5200円
30ギガプラン7450円
データ追加チャージ+100MBごと300円

BIGLOBEモバイル6ヵ月間値引き特典適用での料金は以下の通りです。

プラン種別初月1ヵ月目~6ヵ月目7ヵ月目~
3ギガプラン0円400円/月1600円/月
6ギガプラン0円950円/月2150円/月
12ギガプラン0円2200円/月3400円/月
20ギガプラン0円4000円/月5200円/月
30ギガプラン0円6250円/月7450円/月

BIGLOBEモバイルキャンペーンタイプAのSIMのみ特典2:初期費用無料

プラン申込手数料3,000円値引きとSIMカード準備料394円値引きで0円になります。

BIGLOBEモバイルキャンペーンタイプAのSIMのみ特典3:乗り換えなら5000Gポイント還元

乗り換え(MNP)なら、5,000円相当還元されます。

BIGLOBEモバイルキャンペーンタイプAのSIMのみ特典4:エンタメフリー同時申し込み特典

人気の「エンタメフリー・オプション」が 同時申し込みで最大3カ月無料です。

BIGLOBEモバイルキャンペーンタイプAの音声通話SIM+端末セット特典

BIGLOBEモバイルキャンペーンタイプAの音声通話SIM+端末セット特典1:スマホセット端末料金値引き

HUAWEI P20 lite /AQUOS sense2 SH-M08 いずれかとタイプA(au回線)のセット600円×24カ月値引き

その他のAndroid端末は450円×24カ月値引き

 端末料金端末値引き特典毎月支払額端末実質価格
富士通 arrows M041490円- 450円1,040円(税別)×24カ月24960円
Motorola Moto G6 Plus1610円- 450円1,160円(税別)×24カ月27840円
HUAWEI nova lite 21080円- 450円630円(税別)×24カ月15120円
Motorola Moto E5740円- 450円740円(税別)×24カ月17760円
ASUS ZenFone 5 1980円- 450円1,530円(税別)×24カ月36720円
HUAWEI nova 32280円- 450円1,830円(税別)×24カ月43920円
ASUS ZenFone Max 950円- 450円500円(税別)×24カ月12000円
ASUS ZenFone Live700円- 450円700円(税別)×24カ月16800円
HUAWEI P20 lite
(タイプA)
1240円- 600円640円(税別)×24カ月15360円
HUAWEI P20 lite
(タイプD)
1240円- 450円790円(税別)×24カ月18960円
AQUOS sense2
(タイプA)
1380円- 600円780円(税別)×24カ月18720円
AQUOS sense2
(タイプD)
1380円- 450円930円(税別)×24カ月22320円

BIGLOBEモバイルキャンペーンタイプAの音声通話SIM+端末セット特典2:初期費用無料

プラン申込手数料3,000円値引きとSIMカード準備料394円値引きで0円になります。

BIGLOBEモバイルキャンペーンタイプAの音声通話SIM+端末セット特典3:乗り換えなら5000Gポイント還元

乗り換え(MNP)なら、5,000円相当還元されます。

 端末実質価格乗り換え特典乗り換え特典含めた実質価格
富士通 arrows M0424960円5000G19960円
Motorola Moto G6 Plus27840円5000G22840円
HUAWEI nova lite 215120円5000G10120円
Motorola Moto E517760円5000G12760円
ASUS ZenFone 5 36720円5000G31720円
HUAWEI nova 343920円5000G38920円
ASUS ZenFone Max 12000円5000G7000円
ASUS ZenFone Live16800円5000G11800円
HUAWEI P20 lite
(タイプA)
15360円5000G10360円
HUAWEI P20 lite
(タイプD)
18960円5000G13960円
AQUOS sense2
(タイプA)
18720円5000G13720円
AQUOS sense2
(タイプD)
22320円5000G17320円

BIGLOBEモバイルキャンペーンタイプAの音声通話SIM+端末セット特典4:エンタメフリー同時申し込み特典

人気の「エンタメフリー・オプション」が 同時申し込みで最大3カ月無料です。

BIGLOBEモバイルキャンペーンタイプAの音声通話SIM+端末セット特典4:【端末限定】Gポイント還元特典

対象端末: HUAWEI P20 lite / HUAWEI nova 3 / ZenFone 5 (ZE620KL) / AQUOS sense2 SH-M08

5,000〜7,000円相当還元*

 端末実質価格Gポイント還元Gポイント含めた実質価格乗り換えの場合の実質価格
ASUS ZenFone 5 36720円5000G31720円26720円
HUAWEI nova 343920円5000G38920円33920円
HUAWEI P20 lite
(タイプA)
15360円7000G8360円3360円
HUAWEI P20 lite
(タイプD)
18960円7000G11960円6960円
AQUOS sense2
(タイプA)
18720円5000G13720円8720円
AQUOS sense2
(タイプD)
22320円5000G17320円12320円

BIGLOBEモバイルキャンペーンタイプAはタイプDより端末割引が高い

BIGLOBEモバイルで販売される2つの端末のみ、タイプAとタイプDの毎月の端末割引価格に差があります。

タイプDよりタイプAの方が端末割引価格が大きいので安く購入できます。

HUAWEI P20 lite

タイプAの割引価格

640円(税別)×24カ月 毎月600円値引き

タイプDの割引価格

790円(税別)×24カ月 毎月450円値引き

AQUOS sense2 SH-M08

タイプAの割引価格

780円(税別)×24カ月 毎月600円値引き

タイプDの割引価格

930円(税別)×24カ月 毎月450円値引き

BIGLOBEモバイルキャンペーンでタイプAを選択するメリット

BIGLOBEモバイルキャンペーンでタイプAを選択するメリット1:速度が速い

BIGLOBEモバイルの通信速度は何で決まるかというと、回線の太さです。インターネット回線はみんなでその速度を分け合いながら使います。

線の太さは太ければ太い程に良いですが、利用者が多くなればなるほど通信量が増えて、1人当たりの回線速度が遅くなります。

ドコモのMVNOは沢山あるのとBIGLOBEモバイルの利用者は圧倒的にタイプAよりタイプDの方が多いので、回線速度が遅くなりがちです。

回線貸し出しの料金、通信方式などの関係で、auの格安SIMを使える格安SIMはわずかしかありません。その上、タイプAは後から新設されたのと動作する端末が少ない為、まだBIGLOBEモバイルの利用者が少なく速いです。

BIGLOBEモバイルキャンペーンでタイプAを選択するメリット2:auの電波が強い地域で強い

ドコモの電波が弱い地域で且つauの電波が強い地域にはタイプAが向いています。タイプDとタイプAでは微妙に対応エリアが異なります。

auのエリアは人口カバー率を99%と発表しています。4GやLTEが速度を示す通信規格なら、プラチナバンドは建物を回り込んだり遠くまで電波が届きやすかったりという周波数帯のことです。

そんなauのプラチナバンドは800MHzであり、au 4G LTEの速度で通信ができるので、エリアでは断トツです。

プラチナバンドは、各携帯大手キャリアのドコモ、au、ソフトバンクが利用していますが、それぞれ利用しているプラチナバンド、周波数帯が違います。

ドコモ:700〜800MHz帯(バンド19、バンド28)

au:700〜800MHz帯(バンド18、バンド28)

ソフトバンク:700MHz帯、900MHz帯(バンド8、バンド28)

使っている周波数帯はドコモとauは同じですが、プラチナバンドが違っています。各携帯会社が使用している電波には「バンド(周波数帯)」という区切りがあり、各携帯会社ごとに使用しているバンドが異なっています。

かなりたくさんの種類がありますが、バンドごとに特徴があります。GHz帯のような周波数帯域が広いもの(バンド1、バンド3など)は情報伝達量が多く、一度にたくさんのデータを送ることができます。MHz帯のような低い周波数帯域(バンド19、バンド28など)は障害物に強く、また遠くまで届くので「電波がつながりやすい」と言えます。